話題の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』ご覧になりましたか?

韓国では大好評の内に公開され、全世界から高い評価を得た映画です。

一方「気持ち悪い」「後味が悪い」と言った感想も見かけます。

私も実際に観賞した上で、口コミを合わせて紹介します。

映画館で観賞された方も、観れなかった方も、VOD配信で視聴する方法やレンタルはいつから始まるのか?

説明していきます。

レンタル開始されています

『パラサイト半地下の家族』は、既にレンタルが開始されています。

劇場で観れなかった方に参考になるよう、まとめました。

amazonプライムで6月19日(金)から2週間独占先行されましたが、

7月3日からは他のサービスも動画配信が始まっています。

ツタヤレンタルは7月3日から

ツタヤのレンタルは、7月3日から始まっています。

ツタヤのオンラインDVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】なら、初回30日間は無料です。

ご自宅にいてレンタルしたい場合は、利用するのもいいですね。

PC・スマホで予約するだけで、自宅に郵便で届けてもらえます。

返却はポストへ入れるだけなので、店舗まで行かなくてもOK。

最短で翌日にはお届けしてもらえますよ!


お試し30日間が過ぎると、通常月額料金の2,417円(税抜)が自動で引き落としされます。

ゲオ宅配レンタルも7月3日から

ゲオ オンラインでも同じく7月3日から、レンタル開始しています。

ゲオonlineのサイトはこちら

 

動画配信サービスで視聴する方法

現在、『パラサイト 半地下の家族』が観られるVODはU-NEXTだけになります。

こちらも7月3日、動画配信をスタートしました。

U-NEXTの仕組みは、

  • 無料で見放題の作品
  • 有料で月額利用料以外にお金を払って観る作品

の二通りがあります。

現在『パラサイト 半地下の家族』は有料作品となります。

¥500で視聴できます。

月々1,980円の利用料金がかかりますが、毎月1,200円分に当たるポイントがもらえるため、

そのポイントで視聴する事が可能です。

なおU-NEXTでは31日間のトライアル期間を設けているため(トライアル期間も600ポイント貰える)

その間に視聴すれば、実質お金は発生しません。

※31日間のトライアル期間に解約すれば、全くお金はかかりませんのでご安心下さい。

\ U-NEXTの詳しい内容はこちら /


私もU-NEXTで、2回目を視聴しました~♪

「パラサイト 半地下の家族」のDVD発売はいつ?

7月22日にはBlu-ray DiscおよびDVDも発売となります。

<Blu-ray Disc>
2枚組(本編1枚+特典1枚)¥7,800(税抜)
・品番:VPXU-71816
・映像:片面2層/カラー/16:9 1080p High Definition シネマスコープ/MPEG-4/AVC/日本語字幕
・音声:1.韓国語 DTS-HD Master Audio 5.1chサラウンド/2.日本語 リニアPCM 2.0chサラウンド

=BD限定特典=
スペシャル三方背BOX
封入特典:オールカラーブックレット
映像特典:モノクロVer.本編映像/未公開シーン集/イベント映像集

<DVD>
1枚組(本編1枚)¥4,800(税抜)
・品番:VPBU-14033
・映像:片面2層/カラー/16:9 LB シネマスコープ/MPEG-2/日本語字幕
・音声:1. 韓国語 ドルビーデジタル 5.1chステレオ/2.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ

モノクロ版の公開はいつ?

モノクロになると、ぐんと映画の情景が強く表現されますね。

劇場から現場のニオイが感じられるような躍動感があります。

ぜひこちらのモノクロバージョンも、観てみたいです。

パラサイト 半地下の家族とは

公式の予告動画をご覧ください。

『パラサイト 半地下の家族』は第92回アカデミー賞で、作品賞に輝いた話題の作品です。

最多4部門(作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞)を受賞しました。

アジア単独映画としては初の快挙となった作品、ホンジュノ監督は全世界から注目をあびました。

あらすじ

半地下の家に暮らすキム一家。全員が失業中で貧しい暮らしを余儀なくされている。

長男のギウはずっと浪人中。ギウの友達でエリート大学生の友人から、留学中の友人の代わりに家庭教師の仕事を紹介されます。

身分を偽って家庭教師を務めるのは、高台の大豪邸に住むIT企業の社長パク家。

そこから順にキム一家のパラサイトは進んでいき、キム一家とパク一家の相反する家族が交差した先には待ち構えるのは・・・。

思いがけない展開に、後半は息をするのを忘れそうなほど。

前半はテンポよく、後半はサスペンスのような展開にハラハラドキドキする事でしょう。

監督・脚本

監督・脚本は共にポン・ジュノ監督です。

1969年9月生まれ、大韓民国・大邱広域市出身。

延世大学社会学科卒業後、韓国映画アカデミーで映画製作を学びます。

主な代表作品は、

2000年の【吠える犬は噛まない】

2003年【殺人の追憶】

2006年【グエムル‒漢江の怪物‒】・・・当時韓国動員歴代1位を記録する

2009年【母なる照明】・・・カンヌ国際映画祭などで高評価を受ける

2013年【スノーピアサー】

ポン・ジュノ監督の作品には共通して、社会問題を取り上げた題材のものが多く、鋭い批判と熱い情熱を描いてます。

描写のディテールが絶妙で、評価されているポイントとも言えます。

 

ポン・ジュノ監督の他の作品も、チェックしたい所です。

 

まとめ

『パラサイト 半地下の家族』は気持ち悪いのか?

実際に映画を観た私が、口コミと感想をご紹介しました。

視聴して納得がいかなかった方は、ぜひ再度ご覧になってみてください。

レンタル開始日と、動画配信サービスの開始も書いています。

是非、話題のこの作品自分の目でご覧になってみてください。

ポン・ジュノ監督の他の作品も、U-NEXTなら無料で視聴できるものがあります。

  • 殺人の追憶
  • 母なる証明
  • TOKYO
  • スノーピアサー
  • グエムル
  • 吠える犬は噛まない
  • 海にかかる霧

7作品は全て無料で視聴できますよ。

是非チェックしてみて下さいね。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事